キッズ通信

ヒトメタニューモウイルス感染症

現在、ヒトメタニューモウイルス感染症の流行が散見されます。

発熱、咳、鼻汁を認め、悪化すると喘鳴を認めたり、肺炎を起こすことがあります。

治療は症状に応じた対症療法となります(ウイルスをやっつける薬剤はありません)。

診断は迅速キットを用いて診断します(6歳未満が保険適応です)が、現在検査キットが不足しております。

症状や周囲の流行状況を見ながら検査を行っております。何卒ご了承ください。